いろいろなパターンがあるので注意!ネット誹謗中傷の対策

どういった経路で生まれるか

ネット誹謗中傷の多くは掲示板、SNS、ブログ、メールなどから発生しています。掲示板、SNSなどから発生した場合は記事などの排除を管理者等に任せられる場合もあります。対処方法として管理者に頼るのは良い手ですが、どれぐらいの人に見られたのかが基本的には重要となります。ブログなども同様で有名ブログでの誹謗中傷は早めに対処したいところですね。メールは個人間で送受信されているので、特定のグループ内で広まっているケースが多いです。

対策に関する業者もある

いわれのない記事、悪質なコメント等に対応している業者が近年では増えています。ネット誹謗中傷を専門として展開しているプロもいるので、困ったらすぐにでも相談しましょう。記事の排除から、誹謗中傷となる記事を投稿している人物の特定まで、誹謗中傷の業者には対応力があります。とはいえ実績、費用などは業者次第といったところもあるので、事前にきちんと調べた上で利用を検討しましょう。総じて迅速に動いてくれる業者は優秀です。

スピード対応が解決には重要

ネット上の記事、画像などは配信源にもよりますが時間が経てば経つほど広まりやすいです。掲示板では第三者が誹謗中傷の元となった記事等を広める可能性がありますし、SNSの場合はそのSNS内で情報が拡散される可能性がありますね。そうならないためにも早めに対処し、情報が広まるのを抑えましょう。場合によっては法的措置が有効に働きます。法律事務所なども最近はこの手の対処に慣れてきたので、きちんと対応してくれるところも多いです。

逆SEOとは検索エンジンを使って人々が検索をした時に、特定のサイトが上位に表示されないように対策することを指します。これを行うことによって、企業や個人に対する誹謗中傷を人目に触れさせないようにします。