どんなことでも自由にできる場所にあるのがプライバシー!

自宅にある自分の部屋!

自宅に帰った時ほどホッとすることはありませんよね。特に自宅にある自分の部屋は、世の中で唯一とも呼べる安息の地ですからね。自分の部屋では、裸になろうが逆立ちをしようが何をやっても自由です。パンツ一枚でへんてこな踊りをしてもいいし、ちょっとお下劣なダジャレを言ってみてもいいんです。物凄くお淑やかで通っている絶世の美女が、鼻くそをほじくったとしても誰にも知られずに済みます。自分の部屋という場所は、世界で一番プライバシーが守られている場所なんです。

プライバシーの保護が行き届いているから…

他人は果たして自分の部屋で何をしているのか…なんていう妄想をする人もいるかもしれません。自分のプライバシーが守られているからこそ、他人のプライバシーに興味を持つ余裕が生まれたりもするんですよ。こうしたことを考えることができる状況にある人は、プライバシーの保護が行き届いている環境にあると言えるでしょう。しかし、他人の部屋を盗撮したり、盗聴したりしてはいけませんよ。そんなことをしたら犯罪者になってしまいますからね。

人は皆、プライバシーを持っている!

丸裸の自分になれる、そんな場所にこそ、プライバシーがあるものです。部屋には、きっと人生を振り返れるような懐かしいアルバムもしまってあるでしょうし、自分だけの思い出の品物もあるかもしれませんよね。そうした物は大切に取っておくべきですよ。万が一、盗難などの被害にあったら取り返しがつきません。実体化されたものを写真に撮って、データ化してしまえば、失くしたり盗まれたりした時の対処法になりますよ。逆に生涯において不必要だというものは、完全に消去するなり、破壊してしまうなりすれば、流出等のトラブルは防げます。

シュレッダーは企業、個人情報保護のため文書を細く切り内容を読めなくするものですが、電動から手で回して裁断するものまで様々です。裁断する大きさや処理枚数、スピードなどにより金額も変わってきます。