具体的に『誰』に見せるかを考えた上でweb制作をする3つのポイント

誰に向けてのwebなのかを考える

web制作をする際、必ずそれを利用する、見る人のことを考えた上で制作しなければなりません。誰でも良いと考えてしまうと、誰の心にも届かなくなり、意味のないwebとなるので注意する必要があります。だから、『誰』なのかを具体的に考え、その人に向けて制作することが必要条件です。性別や年齢、職業、性格、悩みなどを細かく設定しておき、顔が出てくるくらいイメージして決めると良いでしょう。この人に向けて制作すれば、必要とされるwebが誕生します。

言葉遣いを考えなければならない

『誰』を設定したのであれば、今度はその人に対する言葉遣いを考える必要があります。一般的な言葉でも問題はありませんが、それでは誰に向けたwebなのかと絞り込んで意味がなくなります。だから、その人に対する適切な言葉を考え、それを組み込むことで読まれるようになるでしょう。例えば、その人が流行に強い人だと考えるのであれば、流行となっているものを入れると良いです。逆に流行に弱い人であれば、そういった言葉は入らない方が得策となります。

技術力よりも思いやりが必要

web制作において、それらを進める技術力が欠かせません。しかし、高い技術力によって生み出されたwebが、人によっては利用しづらいと感じる可能性もあるので注意しましょう。対象となる人がwebを使いこなせる能力があれば問題はありませんが、逆にwebどころかパソコンに疎い場合はシンプルなものが良いです。このように、誰に対してのwebなのかを考えることで、それに合わせて技術力を行使し、使いやすいものを生み出すことができます。

web制作を専門に行っている業者さんにお願いする時、デザイン案など相手任せにするのではなく、自分の考えを書面に表して持参した方がよりスムーズに制作が進みます。