どのように対策したらよいのか?風評被害に遭った時

証拠を取っておきましょう

個人や法人にとって事実無根でいい加減なことをインターネット上に書き込まれたらその証拠の画像を撮っておきましょうね。それが無いと警察にも対策をする会社にも支援を求めにくいですよね。ですので証拠だけ押さえたら連絡を警察などに取りましょう。警察のインターネット犯罪関連の窓口で犯人を特定してもらったら捜索してもらえますよ。警察に動いてもらうためにもできるだけ多くの証拠があるとよいですね。被害が深刻であるほど事件が解決されるスピードは早い傾向にありますね。

専門の対策会社に処理を依頼しましょう

インターネットの風評被害を処理する会社が増えているので、それらの会社のコンサルタントに依頼するのは賢いですね。個人でも法人でも対応してくれるので、自分で対策をするよりは短期間で効果が実感できるでしょう。個人の場合だと被害に遭っただけでクレジットカードが作れなくなったり銀行から融資を断れたりしますし、法人だとパートナーシップを締結できなくなることも採用ができなくなることもありますよね。プロに任せればプロバイダーやウェブサービスの運営者にすぐ連絡を取ってスムーズに解決してくれますよ。

プロなら対策もばっちりしてくれますね

被害に遭ってから犯人逮捕まで至ればそれで良いわけではないですね。ダメージは一切回復していないので個人であっても法人であれ信頼関係を回復して行く必要があります。コンサルタントに依頼することで現在抱えている課題を掘り起こして対策を練っていきます。対策を立ててもらうにあたっては効果がグラフや数字でわかるようになったほうがよいでしょう。なのでそういったツールを提供してくれる会社に依頼するのが理想的ですよね。

インターネットの風評被害対策は、企業のブランドイメージを守るために大切なことで、逆SEOなどの手法があります。