もう悩まされない!誹謗中傷の対策方法で安心の生活

SNSをやっている人は特に注意

インターネットが普及し始めて近年ではSNSの利用が著しく増えてきました。SNSを利用するにあたって誹謗中傷で悩まされる方々が増えてきたのも事実です。誹謗中傷においては顔が見えない相手から自分の悪いことを書かれてしまったり、攻撃されて正直辛いですよね。場合によっては不登校やうつ病になってしまう人も大勢います。どうにかして誹謗中傷対策をするためには、SNSを利用している人はプライバシーの設定を徹底的に行うことが大切です。

プライバシーの設定で守れる安全

不特定多数の人に自分の情報や自分の画像が出回ってしまうと、不特定多数のインターネット上の人に誹謗中傷されてしまう可能性があるので、SNSを行っている人は情報の見せる範囲をきちんと設定することが大切です。これが設定されていないと勝手に画像や情報を拾われて不特定多数の人が見るサイトに載せられてしまいあることないこと自由に書かれてしまいます。また中の良いと思っていた人からの嫌がらせを受ける可能性があるので、自分の画像は特にSNSで載せないことが大切です。また人の悪口を言っている人ほどターゲットにされてしまうので、コミュニティティ内における話はなるべく避けましょう。

非公開を求めることもできる

SNSを利用している人にとっては、サブアカウントを勝手に作成されて攻撃を受ける人も中にはいます。または自分では何も悪いことをしていないのに勝手に自分の情報をネット上に載せられてしまう人もいます。個人情報を載せられてしまうと大変なので、SNSを管理している人に連絡をして当該の記事やサイト、アカウント等削除してもらうことが大切です。またあまりにもひどいような行動であれば一度警察に相談をしておくと、相手についての情報も話しておくことができるので万が一のトラブルがあった時でも安心です。

ネットで誹謗中傷されてしまったら、誹謗中傷対策を取りましょう。掲示板やブログなら削除依頼をし、発信者情報を特定します。