知っておきたい、ビットコインのメリットとデメリット

ビットコインとは何か

ビットコインは「ブロックチェーン」と呼ばれる信頼性を証明する技術を応用した仮想電子通貨のことです。ブロックチェーンというのは、全世界に公開されている取引の全履歴をつなげたチェーンのことで、全てのお金の移動がそこに記録されています。つまりは台帳のようなものです。その台帳上でのお金の移動に関しては、暗号化技術を駆使した信頼性確保のメカニズムが働いているので、第三者がその内容を改ざんすることがほぼ不可能なことが数学的に証明されているのが大きな特徴です。

ビットコインのメリット

ビットコインは現実の通貨と違って各国の中央政府が国内の事情で金利を上げたり供給量を増やしたりといったマネタリーな操作ができません。全世界で唯一の取引台帳(ブロックチェーン)によって運営されているので、政治的な影響を受けず、本当の意味での民主的な通貨ということができます。さらに電子マネーですから、物理的な盗難に合う危険性は少ないですし、間に銀行が入らないので、手数料がほぼ無料か格安で利用できるのも魅力的です。

ビットコインのデメリット

ビットコインの決済は、ブロックチェーンへの追記で行われるのですが、この追記のタイミングはユーザーの側からはコントロールできません。ブロックチェーンが混雑しているときには一時間ぐらい認証に時間がかかってしまいます。この課題があるので、お店やレストランなどで、即時的な決済に用いる際にはまだまだ過大が多いのが現状です。さらに間に銀行や政府が入っていないために、通貨の価値の乱高下を防ぐこともできません。一夜にして二倍に上がったり下がったりということもよく起きます。

ビットコインは世界で一番有名な仮想通貨であり、取引量も世界最大となっています。取引履歴が完全にオープンなことが特徴で、誰でも閲覧可能です。